○ ABOUT

さかいのき
Since 2005/05/15

Author:榊

榊のチラ裏
うっかり迷い込んだ人はAlt+F4
諏訪関係で飛んで来た方は↓からどうぞ

○ CONTENTS
○ SEARCH

--/--/--//-- * --:--
○ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2007/11/15//Thu * 17:29
○ 【諏訪七廻行記】 八剱神社

ローソンに戻って朝飯の相談を再開。
最終的に黙ってリポDを差し出すmizuhi氏……。

じゃあ行きますか。

八剱神社。
suwa_007.jpg suwa_079.jpg suwa_080.jpg suwa_081.jpg

諏訪七不思議【御神渡り】
suwa_082.jpg

八剱神社御由緒
八剱神社は八千矛神(やちほこのかみ)を主祭神に日本武尊(やまとたけるのみこと)と誉田別尊(ほむたわけのみこと)を合わせて祀る小和田の氏神である。古来は船湛神主によって奉祀され、諏訪神社に準じた神事を行うとともに、諏訪湖の御渡り拝観という特殊神事を守り伝えてきた。
(中略)
諏訪の七不思議の第一にあげられる「諏訪湖の御渡り」は諏訪明神が氷の上を渡られた跡といわれ、御渡りができれば氷上を人馬が渡っても危険でないとされてきた。当社には天和三年(一六八三)以降の御渡り拝観の記録「御渡り帳」が伝わり今日まで書き継がれている。
(後略)
八剱神社社務所
境内立札より

氷湖の神幸(おみわたり)
 厳寒、諏訪湖が全面に氷結して数日後の夜更けに雷鳴のとゞろきのような音と共に、上社の浜から下社の湖岸にかけて大きな亀裂が生じ、更に高さ一米余にも盛り上がって、あたかも大蛇がくねくねと這ったようになります。これが御神渡で、上社の男神が下社の女神の許に通われた道筋だと伝えられこの現象ができると、一般の人々も湖上に出ることが許されます。この道筋の方向や形からその年の吉凶が占われていますが、ほゞ同じ方向に、しかも毎年この現象の起こることが不思議となり、御祭神の御渡と信じられて、七不思議の第一に挙げられています。
「諏訪大社」より

参考:http://genjin.cool.ne.jp/sinji/houkoku.htm
   http://genjin.cool.ne.jp/zatugaku/tyuusin.htm
   http://genjin.cool.ne.jp/sanpo/yaturugi.htmHP
関連:神符「神が歩かれた御神渡り」

suwa_083.jpg
手長神社でもそうでしたが色彩豊かな紅葉が雨に濡れてきれいでした。



trackback
trackback_url
http://sakakisoshi.blog74.fc2.com/tb.php/194-10ea800a

[TOP]
copyright (C) 2006 さかいのき all rights reserved.
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。