○ ABOUT

さかいのき
Since 2005/05/15

Author:榊

榊のチラ裏
うっかり迷い込んだ人はAlt+F4
諏訪関係で飛んで来た方は↓からどうぞ

○ CONTENTS
○ SEARCH

--/--/--//-- * --:--
○ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2008/08/30//Sat * 14:34
○ 【諏訪七廻行記・追】 その3

雨の中茅野に戻ってioを横目に御座石神社へ。

御座石神社
suwa_323.jpg
いろんな文献に御座石あり、と書かれていますがどうも違うんじゃないかと思います。
拝殿前の石は違う謂れのものらしいし、「御座石」の由来も「御沓所」らしい。
亀石、蛙石、御座石の所在は諸説あって現在謂われているものが本物かは不明です。
特に御座石は神社の案内にそもそも「御座石」があるとは一言も書いてないことに注意です。
一説には本宮にあるとも。


白天社【桜湛木跡】
suwa_324.jpg
いまいち所在のはっきりしない七木七石。
正確な本来の位置が分からなくても、せめて案内看板や石碑などに頼りたいところ。
というわけでデイダラボッチ伝説の小泉山にある白天社の桜湛木跡碑。
マップにも追加しました。


蛙石
suwa_325.jpg
途中で大祝屋敷や藤島神社なんかにも寄りました。
ここらで雨が上がりました。そしてなんだかいい天気に。


真弓塚
suwa_326.jpg
さくさく進みすぎて時間が余ってきましたよ。


峯湛木
suwa_327.jpg
明日晴れるか分からないし、もうどうせだから行ってしまえ。
というわけでぬかるむ道を踏みしめやってきました。


小袋石
suwa_328.jpg
峯湛木のときもそうでしたが意外と草木が茂っていない。
一応管理されているのでしょうか。

舟つぎ石の伝承のある小袋石。
太古の昔諏訪湖の水位はここら辺まであったという話しですから、そういった言い伝えが形を変え、いろいろ合わさっていくさまを思うとなんともいえない歴史浪漫を感じます。


1日目はここらで終了。
とりあえず夕飯に。名物は何かと調べても諏訪人も食べなさそうな味噌天丼とか。
ふつうに地域チェーンっぽいトンカツ屋(群馬のかつはなとシステムが同じだった)しました。

私「とりあえず生中一つ」
弟「宿までの運転はっ?」
私「よろぴこっ!」

7時くらいでしたがさすがに疲れました。飯食ったら超眠い。

花火やってたらしいですが宿の温泉に入っていた私にはどうでもいい。
11時くらいに寝ました。


8/20
2:00頃
唐突に起きる。
「……コミケの申し込みをしなくては」
そのつもりで一式持って来ておいてなんですが、何が悲しくて旅先で書類作ったりカット描いたりしているんですかね。
これも人の業か。
4:00くらいにまた寝る。


続く

<< back [TOP] next >>
copyright (C) 2006 さかいのき all rights reserved.
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。