○ ABOUT

さかいのき
Since 2005/05/15

Author:榊

榊のチラ裏
うっかり迷い込んだ人はAlt+F4
諏訪関係で飛んで来た方は↓からどうぞ

○ CONTENTS
○ SEARCH

--/--/--//-- * --:--
○ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2008/08/30//Sat * 02:46
○ 【諏訪七廻行記・追】 その2

そう言えば前回は諏訪湖に行っていない。

というわけで岡谷から下諏訪に戻って諏訪湖へ。
suwa_287.jpg suwa_288.jpg
鴨ー!ちょっとは警戒しろよ。


10:40 春宮
suwa_293.jpg suwa_290.jpg
suwa_291.jpg suwa_292.jpg
前回撮りもらした筒粥殿を補完。

昼飯食って御作田社へ。


12:00 御作田社 【御作田の早稲】
suwa_294.jpg suwa_295.jpg suwa_296.jpg
前回秋宮の項で触れました。

suwa_297.jpg suwa_298.jpg
諏訪下社七不思議の一つ。
まあいくらなんでも実っちゃいません。

ちなみにここでは湧き水と温泉(?)が採取可能です。


12:05 綿の湯 【湯口の清濁】
suwa_299.jpg suwa_300.jpg suwa_301.jpg suwa_302.jpg
御作田社と同様。秋宮のすぐそばでした。


12:15 秋宮
suwa_303.jpg
大祝は上社と下社で家系が違ったようです。
また、五官祝も上社と下社では異なっていたようで。
各々の家系の顛末に関しては上社は比較的目にする機会も多いですが、下社の方は今まで考えもしなかったです。でもかなりめんどくさいので考えることを放棄します。
キーワードは 神氏、金刺氏、神長官、禰宜太夫、権祝、擬祝、副祝、武居祝、大祝
ってところかな。

suwa_304.jpg suwa_305.jpg
前回来た時は時間が早すぎて神楽殿は開いていませんでした。
ちなみに二拝二拍手一拝が全国に定着したのは明治以降だとか。こういう作法には紆余曲折あったようですね。
拍手のとき右手をずらすのにも理由があるみたいですが、単純にいい音が鳴る!というのも重要なことじゃないかと思います。
おまけ
拝 90度
深揖 45度
小揖 15度
礼はこれらの総称です。

前回宝物殿の入場券を上社下社セットで買ったんですが当然のことながら持ってきてません。
仕方なく買いなおす。
suwa_306.jpg
宝物殿横に御柱の短いバージョン。
下社の御柱にはメドテコはありません。


ここからは特に目新しいところには行っていないので飛ばし気味

13:00 児玉石神社(兒玉石神社)
suwa_307.jpg suwa_308.jpg suwa_309.jpg


無理やりパノラマビューin諏訪
suwa_310.jpg
ホント無理やり。

13:20 手長神社
suwa_311.jpg suwa_312.jpg suwa_313.jpg suwa_314.jpg suwa_315.jpg


八剱神社
suwa_316.jpg


足長神社
suwa_317.jpg


葛井神社
suwa_318.jpg

ここら辺は比較的固まっているので一気に廻りました。
2日目に前宮、本宮で締めることにして今日は細かいところを廻れるだけ廻ることに。

ということで一番遠い御射山社へ。

15:00 上社御射山社
suwa_319.jpg suwa_320.jpg suwa_321.jpg suwa_322.jpg
26日から御射山祭であるためか、真新しい白い砂利が入れられていました。

さてさて、ここで最初からあまりよくなかった天気が本格的に崩れました。
今回どうしても行きたかったところがあるので一気に茅野まで戻ります。


続く

<< back [TOP] next >>
copyright (C) 2006 さかいのき all rights reserved.
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。